大学入学の準備 資格試験の勉強に必要な物を揃えよう【文房具・筆記用具】編

大学での勉強や資格試験の勉強にぴったりの筆記用具

最終更新日:2017年5月10日

大学生活を始めるにあたり、勉強をするために必要な文房具をご紹介します。
もちろん、資格試験の勉強にもおすすめ。

蛍光ペン

私のおすすめは トンボ鉛筆 蛍光ペン 蛍コート 5色 です。


ノック式とか引くところが見えるのとかいろいろ試しましたが、蛍コートに落ち着きました。
これ、定規で線を引くときに、定規にインクがつかないんです。
他の蛍光ペンは、定規にインクがついて汚れてしまうけど、これは大丈夫。
5色入りなのもちょうどいいです。

法学系の勉強だと、5色を使い分けてマーカーします。
私の場合は、

赤:超重要
黄色:重要・ハイライト
緑:言葉の定義や用語
青:判例
オレンジ:条文

としています。

ペン(ボールペン、万年筆、パーカー5th)

レポートや試験が手書き必須のところは結構あります。

ボールペンだと手が疲れる。
万年筆だと、インクで汚れてしまう。

そこで、新しい筆記具「パーカー 5th インジェニュイティ 」がおすすめ。

紹介記事も書きました。
筆圧ほぼゼロ! 驚きの書き味「PARKER 5th」パーカー インジェニュイティのレビュー

ただし、結構裏写りしますし、あまり小さい字は書けません。
私はやっぱり万年筆を使っています。
パイロットの細字でブルーブラックインクを愛用しています。

シャーペン

ペン書き必須ではなければ、シャーペンが一般的。
私は、デルガード をおすすめします

クルトガ も使用していましたが、

芯がポキポキ折れるんです・・
確かにずっととがるので、だんだん字が太くなっていくことはないのですが、試験などの時間制限があるときにポキポキ折れるとストレスが貯まります。
デルガードなら、折れません。
芯を折ろうとしても折れません。
書いていくと芯先が丸くなって字が太くなるのは普通のシャーペンと同じですが、ペン自体を回転させたりすれば大丈夫。
特に試験で使うなら、デルガード1択です。

多色ボールペン

多機能ペン ジェットストリーム 1択です。
ペンはパーカー5thでいいのですが、色つきのボールペンや、試験の時のサブのペンとして、4色+シャーペンのこれを使っています。

他にもいろいろなボールペンが出てきましたが、書きやすさはジェットストリームがダントツです。

消しゴム

ペン型の消しゴムがあり、携帯に便利。
細かいところを消すときにも重宝します。

こちらはノート1行消すときに便利。
試験ではこっちを使います。
細くも消せるし、ゴシゴシも消せる。


筆入れ

私が愛用しているのは、ペンケース スマートフィット です。

これ、ジッパーがついている袋状の部分がありません。
ペンを指すだけです。
私は、右側に5色の蛍コート。


左側にパーカー5th(ペン)、デルガード(シャーペン)、ジェットストリーム多機能ペン、ペン型消しゴム。


それぞれ内側に、ポストイット(付箋)と定規、メモ用付箋、しおり、消しゴムを入れています。
立てても使えます。


サブで、スリムな筆入れも使っています。

これは試験の時用。
試験は時計が必要なので、これには懐中時計の鎖をとったものを入れています。

ノート・ルーズリーフ

これは好みです。
・ルーズリーフ派
・ノート派
がいますかね。

私はノート派です。
ルーズリーフも以前使用していましたが面倒くさい。
科目毎にA5サイズのノートを使用しています。
A4だと、面積が大きくて一目で入ってくる情報量が多すぎて私は好きではないです。
A5(A4の半分)サイズがベストだと思っています。

私のおすすめは、コクヨ ソフトリングノート
リングノートなのにリングが邪魔にならないやわらかリング。
万年筆でも裏写りしません。

付箋

定番のポストイットのフィルムタイプを愛用しています。

懐中時計

教室や試験会場には時計がないことが多いです。
スマホ等は利用できません。
腕時計でもいいのですが、私は懐中時計の鎖を取って、筆入れにいれています。


これをもう5年使っていますが、時間もずれないし壊れないしとてもいいです。

Amazon Student で書籍が実質1割引!

コメント(0)

コメント投稿画面を開く
CLOSE ×