東京都内で勉強するオススメの場所。図書館、ラウンジ、カフェ、カラオケ

東京都内で勉強するオススメの場所

最終更新日:2017年9月29日

試験や生涯学習、社会に出てから勉強するときに、勉強場所の確保が大切です。
私がよく利用する東京都内の勉強場所をご紹介します。

自宅

自宅で集中して勉強できれば最高です。
本も資料もすべて揃っていますよね。
ですが、たまには気分転換をしたり、時には(というかいつも・・)集中できないこともあります。
そんな時は、無理せず外へ出て勉強するようにしています。

国立国会図書館

国会図書館ホームページ

イチオシです

食堂もカフェも小さなコンビニもあります。
本は陳列されていないので、閲覧する際にはパソコンから申し込みます。
利用者端末もありますが、持ち込みPCやスマホでも申し込み可能です。
なんといってもすべて無料(複写を除く)。
私は一日中いることもあります。
付近に朝カフェ(赤坂までいけばアリ)がないので、開館時間に合わせていきます。

閲覧席には電源もあります。
スマホを含め一切の電子機器利用禁止という静寂室もあります。
もちろん、テキスト・ノート持ち込み可能です。

  • 住所:千代田区永田町1-10-1
  • 登録:必要(3年間有効)
  • 利用:無料
  • 座席数:約2,000席
  • 時間:9時30分~19時(土曜日は17時)
  • 休館日:日曜日、国民の祝日・休日、年末年始、第3水曜日(資料整理休館日)
  • Wifi:あり(FREESPOT) 鍵付き 無料
  • パソコン:持ち込み可。利用席・電源あり
  • 飲食:閲覧席は不可。OKな場所は館内に案内があります。
  • 食堂:あり
  • カフェ:あり
  • ロッカー:あり
  • メモ:バックの持ち込みはできません。
  • 透明ビニールが置いてあるので、そこに持ち込むものを入れます。
  • Amazon等で透明バックを購入しておくと便利です。6階の売店にも売っています。

都立中央図書館

都立中央図書館ホームページ

イチオシポイントは、日曜も開いていること!
それに公園の中にあるので、気分転換ができます。

日曜に行くときは、早めに着いて広尾のおしゃれなカフェでセレブな朝カフェをしてからいくと、いい気分で勉強を始められます、

会員登録はなく、都度パスを受け取り入ります。

  • 住所:港区南麻布5-7-13
  • 登録:不要
  • 利用:無料
  • 座席数:約1,000席
  • 時間:午前10時~午後9時(土曜日曜祝日は17時30分)
  • 休館日:不定(ホームページをご確認ください
  • Wifi:あり。※無料ですが鍵がつきません。危険なので私は使用していません。
  • パソコン:持ち込み可。利用席・電源あり。
  • 飲食:不明
  • 食堂:あり
  • カフェ:あり
  • ロッカー:あり
  • メモ:バックの持ち込みはできません。
  • 小さな透明バッグが置いてあるので、そこに持ち込むものを入れます。
  • Amazon等で透明バックを購入しておくと便利です。


地域の図書館

各自治体の図書館です。
利用については、自治体によりさまざま。
飲食禁止(水筒も禁止)の場所もありますし、フタのついている水筒のみ可というところもあります。
自習が禁止されているところもあります。
このほか、自治体が自習室を設定している場合もあります。
東京23区の各区の図書館が自習可能なのかどうか、一覧にしました。下記記事をご覧ください。

以前杉並区に住んでいたときには、小学校の空き教室を自習用として解放してくれていました。

パソコンOKで電源があるところもあれば、電源がないところ、パソコン不可のところもあります。
渋谷区立中央図書館は渋谷区民だけが利用できる区民席がありますし、時間限定の少し大きなデスクもあります。
千代田区立日比谷図書館は自習室どころかワーキングスペースにもなる優秀な図書館です。
土日には小学生からお年寄りまでさまざまな方が利用されています。

大学図書館

大学図書館について社会人の自習に関していえば2種類あります。
地域の住民に開放している大学図書館を利用するタイプと、
通信教育課程の学生になって利用するタイプです。

神奈川県は、地位住民に開放しているところが多いそうです。

相模原の女子美大や、川崎の明治大学専修大学は、住民の利用が無料で、一度登録すれば年度内は自由に利用できるそうです。

ほかにも、港区立図書館に利用登録をしている人は、芝浦工業大学芝浦図書館を利用できます。(港区立図書館は港区民だけではなく23区民であれば利用登録が可能です。)
基本的には、持ち込み資料だけによる自習は禁止としているところが多いようです。
あくまでも,図書館内の資料を閲覧する目的に使用するというのが前提です。


↓追記:東京都内の大学図書館をすべて調べました!

通信教育課程は、費用がかかります。
ですが、大学の良質な図書館を利用できるメリットは非常に大きいです。
大学はさまざまなネットワークにも加入しているので、各新聞社の過去記事電子アーカイブすべてにアクセスできたり、有料会員限定の論文情報にアクセスできたりします。

WiFiも全国どころか世界中のの大学や研究機関にネットワークが広がっている「eduroam」を利用できることがあります。飲食店ではルノワールも加盟しているネットワークです。

費用で考えても、都内で自習室を契約すると乏しい設備で狭い自習室でも月1万から2万はかかります。

大学通信教育の年間学費のほうが安いこともありえます。
例えば、「慶応義塾大学通信教育課程」は、学費が年間6万円〜10万円くらいです。
これだけで、国内屈指の大学図書館をいつでも利用できます。
都心部の月額1万円の有料自習室では、あまりいいところを借りることはできません。

※もちろん、自習室利用のためだけに入学するのはよろしくないと思います。

カフェ・ファミレス

主にモーニングがてら利用します。
私は小心者なので、暇な時間帯でも60分から90分が限界です。
好きなのはガストのモーニング
店舗によりますが、6時30分くらいから開いているところもあります。

朝以外のカフェは、がっつり勉強というよりも読書に利用します。

ヒトカラ

穴場的で最近おすすめなのが、カラオケで勉強するカラ勉です。
とくにおすすめなのが、朝カラ。安いし利用者がいないので。
まねきねこさんの朝カラは、
店舗にもよりますが。30分50円。
ワンドリンク制でドリンクが300円〜400円くらいなので、500円ちょいで3〜4時間いけます。
部屋はひとりで勉強するなら丁度いい位の広さ。
テーブルもあります。
wifiも無料で使えます。鍵付き。SNSのアカウントでログインするだけです。

朝なら他の利用者もほとんどいないので、まわりを気にすることもありません。

ただ、目の前にカラオケの機械があるので、誘惑に注意・・

レンタルラウンジ

会員制のラウンジがあります。
私のおすすめは、アカデミーヒルズ。

月額10,000円を切ります。
六本木ヒルズ森タワー49階です。

もうひとつは

渋谷ヒカリエ8階 MOV
月額15,000円くらいから。
仕事をしている人が多いですが、勉強もできます。

有料自習室

私はおすすめしません。
何カ所か会員になり利用させて頂いたことがありますが、費用も高いし設備もよろしくないし、狭い。
他の利用者も近くて気になります。
高額なところはそうでもないですが、やはり負担の大きさが気になります。
職場の近くにあるのであれば、便利だと思います。

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×