大学生におすすめのパソコン比較 資格試験の勉強にも【パソコン】編

学生や資格試験用のおすすめパソコンをITフリーランサーがご紹介

最終更新日:2017年8月16日

IT系のフリーランスとして働く筆者が、大学生におすすめのパソコンを比較してご紹介。
対象は文系の学生です。
プログラミングや画像・動画編集がメインな理系や芸術系の方は、もっと性能重視で選びましょう。

ちなみに今までに自分で所有して使用していたノートパソコンは、

「MacBook12インチ」
「MacBook Pro 13インチ」
「MacBook Pro 15インチ」
「Vaio Pro 13インチ」
「HP 11.6インチ」
「メビウス 17インチ」

です。

選ぶポイント

携帯性
勉強用のテキストやノート、法学部なら六法など、持ち歩く物はたくさんあります。 出来るだけ、軽いパソコンを選びましょう。 私の経験では、出来れば1kgくらい。 2kgのパソコンはかなり重たく感じます。 もちろん、パソコンの充電器とか周辺機器も込みで軽いものを選びましょう。
静音性
図書館では静かなパソコンが必要です。 安すぎるパソコンは、静かな図書館に響き渡るほどのファンの音がすることがあります。 静かな授業中も。 結構気になります。 ファンの音が静かなパソコンや、ファンレス(ファンが無いのでファンの音がしない)のパソコンを選びましょう。 キーボードのタイプ音が大きいパソコンも出来るだけ避けましょう。
サイズ
大きすぎても小さすぎてもダメ。 15インチは大きすぎます。 見た目スマートではないですし、 カフェの小さなテーブルに乗せると他の物が乗らなくなります。 12インチから13インチがベスト。 どんなに小さくても11.6インチ。 それより小さいと作業性が悪いです。 すごく目がいい人は別ですが。 13インチがベストサイズ。
性能
オフィス系ソフト、ウェブブラウザなどのソフトを快適に動かす性能が必要であり充分です。 日常の作業にストレスを感じるレベルの低スペックパソコンはやめたほうがいいです。 勉強をする気がなえてしまいます。 性能がいいにこしたことはないですが、価格と相談です。 メモリは最低でも4GB。 出来れば8GB欲しいです。 容量は128GB以上のSSDを選びましょう。
見た目
所有欲を満たしてくれるパソコンがいいです。 人に見せたくなるパソコンだと、意味も無いのにパソコンを開いて思わず勉強してしまいます。 いわゆるドヤ顔も、悪いことではないです。
価格
出来れば10万円は用意したいです。 4年間使うので、低スペックすぎるのは良くないです。 あまり安いのを買うと後で後悔しますし、勉強が進んでパソコンでやることが増えたときに、買い直しが必要になり結局損をします。 10万円から20万円の範囲が理想です。

MacかWindowsか

パソコンを買うときにまず考えるのが、MacにするかWindowsにするか。
結論からいえば、どっちでもいいです

私の好みでいえば、Macをオススメします。
特に、スマホがiPhoneの方はMacがいいです。
Androidの方は、どちらでもいいです。

私はWindowsもMacも使用しています。
どちらか一方ができれば、ゼミの都合や就職後に別のほうを使うことになっても、それほど問題はありません。
すぐに慣れます。
ソフトやアプリも、特殊なソフトが必要なゼミ等に入るのでもなければ、どちらも問題ありません。

ノートパソコンであれば、Macのトラックパッドはとても優秀なので、Macならマウスを持ち歩く必要がありません。
仮想デスクトップはWindowsも10から導入されましたが、Macのほうが使い勝手がいいです。
Mac、iPhone、iPadを使っていると、どれかを無くしたときもGPSで場所がわかります。
Wifiに接続するときも、どれかひとつで接続すれば、ほかの端末ではパスワードを入れなくても自動で繋がります。

私はMac押しですが、WindowsもいいOSです。
どちらでも、お好みで。

おすすめパソコン

MacBook 12インチ

Macなら無印の新型MacBook12インチがオススメです。
MacBook Airという選択肢もありますが、携帯性や静音性を考えたらMacBookをオススメします。

携帯性 ★★★★★
重さは1kgありません。
充電器も小さいくて軽いので、携帯性は最高です。
サイズも12インチなので、ほとんどのバックに入ります。
小さなトートにも入ります。
Macなので、マウスを持ち歩く必要もありません。
拡張性がないので、プレゼンをしたりmacとiPhoneをつなげたりする場合には、アダプタが必要です。
これも軽いので、携帯性に問題はありませんが。
静音性 ★★★★★
ファンレスなので文句なしです。
キーボードは特別な静音仕様ではないですが、普通です。
トラックパッドはマウスのクリック音より静音性も高いです。
MacBook以上に静かなパソコンはないといってよいでしょう。
サイズ ★★★★★
12インチです。
薄さも極薄です。
12インチだとモニタが小さいようにも思いますが、仮想デスクトップがあるのでまったく問題ありません。
むしろ丁度いいです。
性能 ★★★☆☆
ファンレスのCore Mなので、それほど高い性能ではありません。
ですが、文系学生の通常の利用であれば、まったくストレスを感じずにサクサク動く性能があります。
必要充分です。
ポートはUSB-Cが1つしかないので、拡張性はありません。アダプタを持っていれば問題ないです。
価格 ★★☆☆☆
高いです。
同じ性能でWindowsならもっと安く手に入ります。
ですが、同じ性能のWindowsパソコンはありません。
総合的に見れば。
142,800円〜195,000円(学割価格)
通常は最低価格のスペックで充分です。
メーカーページ http://www.apple.com/jp/macbook/
オンラインストア http://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/macbook
Amazon

VAIO S13

WindowsならVAIOをオススメします。
仮想デスクトップがMacほど使いやすくないので、モニタが11インチだと少し小さすぎます。
13インチがベストです。
軽くてバッテリーも長持ちで性能も充分。

携帯性 ★★★★★
重量は1.06kg、タッチパネルモデルなら1.19kg。
丁度いい軽さです。
バッテリーも10時間持つので、普段は充電器を持ち歩かなくても大丈夫。
静音性 ★★★★☆
性能を抑えて音を抑える「静音モード」があります。
キーボードも静音仕様です。
ファンレスではないのでファンの音はしますし、ちょっと重たい作業をすれば結構回ります。
ですが、他のパソコンに比べれば充分静かです。
サイズ ★★★★☆
13インチなので、A4より少し大きいです。
ですが薄型なので、ほとんど問題ありません。
11インチモデルもありますが、13インチをオススメします。
性能 ★★★★★
文系であれば充分です。
価格 ★★★★☆
114,800円〜251,800円
性能の選択だけで、倍以上の価格になります。
おすすめスペックは「Core i5-6200U + メモリー 8GB」「ハイスピードSSD 256GB」 で161,800円
タッチパネルは、付けておくと意外と便利です。
メーカーページ http://vaio.com/products/s131/
オンラインストア http://www.sony.jp/vaio-v/products/s131/
Amazon

DELL New XPS 13

DELLのノートパソコン
ベゼル(モニタの枠)がとても小さく、画面サイズに比べて本体サイズが小さいです。
最新の第7世代CPU搭載&4GBで13万円弱。買いです。

※上位スペックモデル

携帯性 ★★★★☆
1.2kg。
サイズは通常の13インチより一回り小さいので、携帯性はいいです。
静音性 ★★★☆☆
特に静音性はありません。
通常の13インチパソコンです。
サイズ ★★★★★
13インチパソコンの中では世界最小です。
性能 ★★★☆☆
最低スペックのお買い得モデルでも、最低限必要なスペックは満たしています。
足りない場合は、よりいい性能にすることを選択できます。
価格 ★★★★☆
124,980円
メーカーページ http://www.dell.com/jp/p/xps-13-9360-laptop/pd?ref=PD_Family
Amazon
※ハイスペックモデル

ASUS VivoBook E200HA

とにかく安くて実用可能なノートパソコンならこれ。

携帯性 ★★★★☆
11インチで重さは0.98kg。
厚みは2cm弱ありますが、特に問題ないでしょう。
静音性 ★★★☆☆
静音性はありません。
サイズ ★★★★★
11インチなので、実用性はあまりよくないです。
ディレプレイも 1,366×768ドットなので、作業性も高くない。
ただ、最低限必要なレベルはクリアしています。
性能 ★★☆☆☆
ブラウジングや書類作成であれば、特に問題ありません。
たまにストレスを感じるかもしれません。
いいパソコンに慣れている方は、避けた方がいいかも。
価格 ★★★★★
39,744円
これほどコスパのいいノートパソコンは他にありません。
メーカーページ https://www.asus.com/jp/Notebooks/ASUS-Vivobook-E200HA/
オンラインストア http://shop.asus.co.jp/list/VivoBook/id/68/
Amazon

勉強用パソコン選びまとめ

Macがいい方や、それなりに予算があるかたは、是非MacBookを。
レビュー記事も書いているので、参考にしてください。
新型MacBookのススメとレビュー。大学生もWEB制作者も、パソコン選びならこれ1択

Windowsがいい方は、VAIOをオススメします。
あとは、予算とお好みで。
4年間は使うと思いますので、ある程度予算をかけても「買って良かった」と思えるパソコン。
所有欲を満たしてくれるパソコンをオススメします。
「このパソコン嫌だな」と思いながら使うのはツラいですから。

プリンタ

プリンターはなんでもいいので購入されることをお勧めします。
写真をプリントするわけではないので、高性能な物ではなくてもいいです。
スキャナとプリンタが付いているタイプ。

コンビニプリント等も利用できますが、レポート等はプリントして校正することが必要です。
手元ですぐにプリントできたほうがいいです。

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×