筆圧ほぼゼロ! 驚きの書き味「PARKER 5th」パーカー インジェニュイティのレビュー

万年筆でもボールペンでもないまったく新しい筆記具

最終更新日:2017年8月16日

2017年6月追記
購入して1年経ちました。
このレビュー記事にべた褒めで書いていますが、現在は使っておりません。。
筆圧とか書き心地は最高なんですが、字が太い。。
万年筆もそうですが、西洋の筆記具は字が太いんですよね。
アルファベットなら問題なくても、画数が多く細かい字を書く日本語には向いていない。
裏写りも万年筆よりも激しいし、趣味のペンって感じです。
司法試験などの論文式の資格試験には使わないほうがいいでしょう。
太すぎます。

ーーー

万年筆でもボールペンでもない。まったく新しい筆記具パーカー インジェニュイティ「PARKER 5th」。
筆圧なしで書けるので疲れない。

公式サイト:パーカー インジェニュイティ

パーカーの インジェニュイティPARKER 5th」を購入して数ヶ月経ちました。
存在は以前から知っていましたが、試したことはなかった。
レビューします。

簡単にいうと、ペンです。
シャーペンでもボールペンでも万年筆でもない書き味。
一番近いのは、サインペンなどのペンですね。



PARKER 5thの書き味

万年筆よりも筆圧がいりません。
万年筆を使い始めたときは、筆圧がいらないので疲れないことに驚きました。
ですが、「PARKER 5th」は、さらに疲れない。
少しでも紙に触れていれば、インクがのります。
ただ、ハネ、トメ、ハライみたいなことはほぼ出来ません。
味のある字を書くのであれば、万年筆か筆ペンですね。

大量に字を書くのであれば、万年筆よりいいと思います。

ただし、字は太いです。
ペン先は太字と細字の2種類ありますが、細字でも結構太いです。

字の大きさの割に字が細かい日本語を書くときは、小さい字はあまり向かないかもしれません。
万年筆もアルファベットしか書かないなら太字でいいですが、こちらも同じですね。

司法試験のような短時間に大量に字を書かなければいけないときとか、
レポート等で数千文字を手書きで書くときには選択肢のひとつだと思います。
ただし、字の太さ裏写りには注意!

個人的には、万年筆の方がかっこいいと思いますが、
それなりにかっこいいので、所有欲も満たせます。

PARKER 5th デザイン・タイプ

デザインもいろいろあります。
胴部分の太さはスタンダードモデルとスリムモデルがあります。

私が持っているのはスリムのラバータイプです。
持ちやすさ、疲れにくさを重視しました。


Amazon:パーカー 5th インジェニュイティ ブラックGT S11201712 正規輸入品

伊東屋さんで何種類も書き比べて決めました。

パーカー インジェニュイティ スリム ブラックラバーPGT
が私の(写真の)モデルです。

PARKER 5th のインク色と太さ

ペン先は細字。
リフィル(インクカートリッジ)は、細字(F)と太字(M)の2種類があって、どちらも使用できます。

色は

  • ・ブラック
  • ブルー
  • オリーブグリーン
  • バーガンディ
  • パープル
  • ピーコックブルー

残念ながら、ブルーブラックがありません。。
愛用している万年筆が、Pilotのブルーブラックなので欲しかったのですが。
写真はブルーです。



PARKER 5th の裏写り

裏写りは結構します。

字が太いので、万年筆よりも裏写りします。

これ見えますかね。
私が愛用しているコクヨのソフトリングノートに書いたときの裏写りの写真です。

一番上が万年筆「パイロット Custom742 ペン先F ブルーブラック」
2番目が「PARKER 5th」
3番目がボールペンのジェットストリーム
4番目がシャーペン「デルガード」

PARKER 5thの裏写りが一番強いのが一目でわかります。

万年筆も裏写りするのでノートを選びますが、PARKER 5thはもっと選ばないとダメですね。
コクヨのソフトリングノートのは普段使いの万年筆用ノートとして最適だと思ってますが、PARKER 5th相手だとちょっと力不足かも。

PARKER 5thの購入

私は店頭で購入しましたが、Amazonの方が数千円安いです。
各モデルの書き比べ等が不要であれば、Amazonでご購入されるほうが安いです。

最大の難点は、リフィルが高いことです。

店頭で購入すると1本1,000円。
Amazonだと3本セットで2,190円です。

パーカー(PARKER) 3本セット替芯 5thテクノロジー採用ペン

PARKER 5th まとめ


ペン先は万年筆よりは乾きにくいですが、キャップは閉めた方がいいです。
インク漏れはありません。
万年筆みたいにペン先にインクがダラーッとつくこともありません。
万年筆のようにくるくる回してキャップを取るのではなく、まっすぐ抜くだけです。
リフィルの交換はとても簡単で、差し替えるだけ。

裏移りと字の太さが気になる方は、店頭でしっかり確認してからご購入されることをおすすめします。
安いものではないので。

正直に申し上げると、PARKER 5thを購入後も私が愛用しているのは万年筆です。

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×